2007年06月22日

米大統領、ES細胞研究法案に再度拒否権




ES細胞は初期段階の胚(はい)細胞で体のあらゆる組織に分化する可能性を持つ細胞で、パーキンソン病、認知症、糖尿病、およびがんなどの完治の難しい疾患に対する治療法発見への貢献が期待されているのに、ブッシュ大統領の信仰上の理由で阻止されていいのかという論調が多く出ています。

しかし、マクロでとらえてみましょう。

科学万能主義vs宗教 の構図です。

科学も医学ももともとは宗教から派生したものです。宗教的真理の探究という情熱のもとに科学や医学が発達しました。

でも、昨今は、その科学や医学が宗教を否定し、信仰を否定するがごとき状況で、いき過ぎていると言えるのではないでしょうか。このような時に、宗教側からの科学・医学に対するストップがかかったというべきでしょう。

もちろん、科学・医学の宗教を否定する動きの背景は、中世暗黒時代の宗教による行き過ぎた科学の弾圧への反撃というものが根底にあるのだと思います。


科学・医学と宗教は対立するものではありません。過去は、どちらかがいき過ぎていただけです。
今回の出来事も、対立構造で終わるのではなく、科学・医学と宗教が人類の幸福・発展のために協調すべきではないかと思えるのです。

ブッシュ大統領はキリスト教的人間観で、科学・医学との協調ができないのなら、キリスト教以外の世界宗教である仏教的人間観を学んで科学・医学と協調できたらいいですね。

それにしても、ブッシュ大統領の信仰心の強さは凄いと思います。やはり政治家は信念はいります。
どこかの国の政治家のように、よそから文句を言われるとすごすごと参拝をやめてしまう信仰心と信念のなさとは対照的ですね。

posted by エル at 05:23| Comment(40) | TrackBack(6) | ブッシュ政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。