2007年06月06日

ブッシュ大統領、「ロシアは敵ではない」



アメリカにとって、冷戦構造の時は、旧ソ連をはじめ共産主義陣営が“敵”で、相手がはっきり見えていた。

しかし、冷戦構造が崩れた時、アメリカにとって不幸にも、目に見えない敵、“テロ”というもののウエートが大きくなった。大きく世界情勢は変わった。

ただ、忘れてはならないのは、旧ソ連から流出した兵器や、そこから研究されて開発されている核兵器が北朝鮮、パキスタン、もうすぐ完成かもしれないがイランなどに存在しているということだ。

アメリカ主導で核放棄を求めると、最後には、アメリカは武力攻撃をしかけていくようになる可能性が高いが、ロシアと協調すれば、国際圧力で目的を達成できる確立が高くなる。
ただでさえ、イラク戦争で莫大な戦時予算を使っているのだ。これ以上戦争すれば、国力が疲弊するから、アメリカはロシアを取り込みたい。

でも、ロシアの国力が安定しているか成功の鍵になる。そうでなかったら、ロシアは国内の不満の目をそらせるために、二大大国を演じ、アメリカに対抗せざるを得ないだろう。

posted by エル at 12:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ブッシュ政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44017101

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。