2007年06月20日

自宅、事務所の登記せず―自民、中川氏

自宅、事務所の登記せず―自民、中川氏

【6月20日 時事通信社】汗を拭きながら記者会見する自民党の中川泰宏氏。中川氏が京都府内に建てた自宅や事務所の不動産登記を17年間にわたって行わず、固定資産税が課税されていなかったことが明らかになった(19日午後、国会内)。(c)時事通信社 




またまた、自民党の選挙逆風事件が出てきた。

普通、家を建てたら、不動産登記するのは当たり前で、登記済み権利証と一緒に引渡しを受ける。

だから、なぜしなかったのか。させなかったのか。わざと登記をさせなかったとしか思えない。

また、税務当局は、なぜ17年間も放置していたのか?
社保庁の職員の仕事怠慢は氷山の一角にしかすぎないと思うので、これからも、連鎖反応的に、このような公務員の仕事能力の低下からの国民に対する損害が多数出てくると思う。

安倍総理は、単に、自分の時におきるから、運が悪いと思わずに、自分の出している波動が引き寄せていることを認め、この際、この際、徹底的に自己の総理としての思いと行いを反省し、原因・結果の連鎖を断ち切る思い切った改革をしてほしい。
posted by エル at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/45413881

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。