2007年06月03日

ナイジェリアの大学入学試で、約2000人が携帯電話でカンニング



カンニングの方法も時代とともに変わっていくのだなと、びっくり。しかもナイジェリア。

まず、携帯の普及率のすごさを感じた。
そして、携帯の用途は使用者からどんどん出てくる。
今に100Gのメモリを持つ携帯も現れてくるかもしれない。
お財布から仕事や学問のデータまですべて持ち運べるようになるだろう。
ただ、どこかの大学教授の手鏡のように、盗撮の道具にしてほしくない。


カンニングや不正をしてまで大学に入学したがるのは、その国では学歴社会の形態が強いということを表している。

日本では、少子化もあって大学はトップクラスを除いては、入れるようになった。しかし、その反面、分数のできない大学生もいて、学力の低下は甚だしい。この学力不足を携帯カンニングという手段で補おうとしないで欲しい。





posted by エル at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月02日

教師が女子中学生に成りすまし、音楽コンクールで優勝



動機はコスプレ? いや、お金のため。

「韓国では、芸術やスポーツの分野で良い成績を上げた教師には通常、昇給や昇格が約束される。」

でも、そのために24歳と36歳の女子高生になるとはやりすぎ。

この制度、日本にも当然あっていい。世界レベルの高校生が多くなる。

もし、日本で起きた事件なら、マスコミの論調は、このような制度があるから悪い。精度を廃止すべきだと言うところが必ず出る。

制度が悪いのではなく、あくまでやった教師の動機と実行行為が悪い。
posted by エル at 13:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。