2007年06月14日

年金手帳

年金手帳を持って、昨日、市役所の年金窓口で聞いてみた。たくさんの人が長蛇の列をつくっていた。

こういう時、銀行のように、番号札があると、順番のことで気分を害さないでいいのだが、一地方都市の市役所ではそこまでサービスはしないみたいだ。

さて、私は、厚生年金から国民年金に切り替わっているのだが、その時の記載は、確かにこの市役所の職員がボールペンで日にちを書いてくれた。でも、それだけで、判もゴム印も何もないので、これなら誰が書いたのか分からなくなると思い、聞いてみた。

すると、職員からは、年金手帳は、本人の備忘帳のためにあるから、これは証明ではないから、ハンは付けられないし、このままでいいと言われました。記録は全部社会保険事務所にあるから大丈夫です。(…今、それがないことが分かっているので大問題になっているのだが…。)
ただ一応確認しますねと言って、電話で確認してくれました。

確かに、住所が変われば自分で記入するところはあるので、一応納得して帰ってきたが、安倍総理は、しかるべき証明を持ってきてくれれば、調査して、年金が支給されるようにしますと言っているが、肝心の年金手帳は、年金の種類が変わったり、勤め先が変わった時に、本人が備忘のために書くものであるから、手帳を見せても、かなり調査されることが予想される。

関連記事
年金電話相談、1日で着信47万件 対応1万7千件(朝日新聞) - goo ニュース

posted by エル at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

あなたの年金 本当に大丈夫?

あなたの年金 本当に大丈夫?(産経新聞) - goo ニュース

この記事を読むとどうやら一度社保事務所で確認したほうがよさそうだ。

民間の会社だったら、即倒産。社保庁を民営化したということは、将来、倒産の危機はあるということ。

資産を分散して、個人で老後を守るべきだ。

posted by エル at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 年金問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。