2007年06月10日

李前台湾総統は、「日本は靖国問題であまりに弱腰」と発言



李前総統の論旨

靖国問題が「中国と韓国がみずからの国内問題の処理に手を焼いてきたことで発生したもの」

「靖国問題を外国政府に批判される理由はない。国のために命を落とした若者らの名誉を称えることはきわめて自然なこと」


宗教心のある人・国なら、当たり前の自然な感情だと思う。

中国は一党独裁の共産主義国家で、この思想のバックボーンはマルクスの唯物史観、つまり唯物論である。

だから、今の中国は人間には霊や魂を否定する思想が根底にある。

そして、深層心理は、第二次世界大戦の戦勝国の中国よりも、敗戦国・日本の方が経済的に発展したという嫉妬心があると思う。

日本は戦後、アメリカを否定し、抵抗し続けることもできたはずだ。でも、否定せず、逆にアメリカを教師とし、学び、追いつこうと努力した。

中国は、唯物史観に基づく革命の成就のため、外部情報を一切遮断し、反対勢力の粛清に時間をかけた。その結果の差が出たのだ。


勝ったオレが負けたアイツ(日本)に負けてるはずはない。
日本にいろいろ難癖をつけるところを見せて、中国人民に戦勝国・中国を見せておきたい、とでも思っているのだろう。

posted by エル at 03:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日中問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国、台湾独立への動きについて日本に慎重姿勢を要求



安倍首相も、日中間の懸案事項である、東シナ海ガス田問題、尖閣諸島、犯罪人引渡し条約の締結について、断固として要求すべきだ。

1東シナ海ガス田問題は両国の排他的経済水域の中間線を越えて日本側に多くガス田があることが確認されるや、1970年代頃までの古い国際法上の考え方を持ってきて、日本の領土侵害してきた。

2尖閣諸島に関しては、1880年から1940年くらいまでは日本人が住んでいたが、やがて無人島になった。その後、1971年、地下資源の可能性が確認されると、突然、中国は台湾省宜蘭県に属すと主張してきた。
台湾省など無茶苦茶な論理で領土侵害をしている。

ここをはっきり決着をつけてもらいたい。安倍政権だから期待している。

3それと、中国人による犯罪が日本で増えているが、犯人が分かっていても、本国に帰られると、犯罪人引渡し条約がないので、逃げ得になっている。これも放置しておくことはおかしい。

これらの議題こそ、緊急・現実的な問題だ。

頭の中で考えてばかりで何もせず、問題の先送りばかりする外務省は、今年から体育会系の職員に入れ替えて、行動する外務省に変わってほしい。



「問題となっているガス田は両国の排他的経済水域内にあり、その権益の範囲を日本は現在、国際的に一般的な日中中間線とするのに対し、中国は1970年代頃までの国際法上の解釈に基づく大陸棚の先端沖縄トラフまでを主張している。

こうした排他的経済水域に関わる問題は、国連海洋法条約においては「関係国の合意到達の努力」に委ねられており明確な基準はないが、最近では関係国間の中間線を排他的経済水域の境界とするのが国際的に一般化している。(引用:Wikipedia)」

posted by エル at 02:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日中問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。